第104回 日本選手権・長距離種目 展望を語る(女子編)

スポンサーリンク
主要大会

2020年12月4日 ヤンマースタジアム長居にて長距離の日本選手権が行われます。

標準記録を突破し、優勝することが出来れば東京オリンピックへの出場が内定となる大事な1戦。

その試合の展望をくーねる独自の目線で語っていきたいと思います。

昨日の男子に続き今日は女子の内容を語りたいと思います。

5000m

オリンピック参加標準記録:15:10.00

16:50スタート

この種目については田中希実(豊田自動織機TC)選手VS廣中璃梨佳(JP日本郵政G)選手の一騎打ちとなること間違いないだろう。両選手はすでにオリンピック参加標準記録を突破しており今回の日本選手権で優勝すれば代表内定となる。

田中希実(豊田自動織機TC)選手は今季1500m、3000mで日本記録を樹立。10月に行われた長距離以外の種目が行われた日本選手権で800m4位、1500m優勝と5000m以外の種目も走れるマルチランナー。しかし本職は5000mでありドーハ世界選手権では決勝に出場している。今季も15:02.62をマークしており優勝候補筆頭といっていいだろ。スピードに関しては日本の長距離界で群を抜いておりラスト勝負となった場合1500mで優勝したレースのように他を寄せ付けない圧倒的なスピードで走りぬけることだろう。

廣中璃梨佳(JP日本郵政G)選手は今季日本歴代3位の14:59.37をマーク。先日行われた全日本実業団駅伝では最初からハイペースで引っ張り2.5km付近からは独走で区間賞を獲得した。常に自らが先頭に立ちレースを作っていく走りは王者の風格すら感じるところがある。今回のレースでもハイペースなレースを展開して行くことだろう。

二人のレース展開を予想するとラスト勝負になると田中選手のほうがやや有利。廣中選手としてはハイペースな展開にして途中で田中選手を引き離しておきたいところだろう。しかし田中選手も先頭を走る展開は得意な選手。廣中選手の有利な展開にはさせまいと自身でレースを作る可能性がある。日本記録決着も期待できる素晴らしいレースになることは間違いないだろう。

二人以外の注目選手は萩谷楓(エディオン)選手。15:05.78をマークしており実力では二人に次ぐ選手。レースの展開次第では優勝に絡んでくる選手であろう。

注目選手の田中選手が21歳、廣中選手、萩谷選手が20歳と若い世代が躍動するこの種目。今後の日本長距離界の中心となっていくであろう選手たちのすばらしい戦いに期待したい。

10000m

オリンピック参加標準記録:31:25.00

17:15スタート

大本命は新谷仁美(積水化学)選手、それにオリンピックマラソン代表の一山麻緒(ワコール)選手、前回優勝者の鍋島莉奈(JP日本郵政G)選手がどれだけ食らい付けるかといったレースになるだろう。過去に優勝経験のあるベテランの福士加代子(ワコール)選手は残念ながら欠場となった。

新谷仁美(積水化学)選手はすでにオリンピック参加標準記録を突破しており今回優勝すれば代表内定となる。今季の新谷選手は向かうところ敵なしといったところ。ハーフマラソンで日本記録を樹立。5000mでは14:55.83の日本歴代2位の記録をマーク。1500mにも挑戦しさらなる進化を求めて今シーズンを戦ってきた。先日行われた全日本実業団駅伝では3区で驚異的な走りを見せ区間2位の鍋島選手も区間新記録を超える走りをしていたのにも関わらず、さらにそれを1分以上上回る区間記録を樹立した。正直新谷選手が負ける姿は想像できないと思わせてくれるほどインパクトのある走りだった。今回のレースでもおそらく彼女の独壇場となっていくことだろう。そして日本記録の更新も期待したい。

新谷選手と勝負のできる可能性のある選手は一山麻緒(ワコール)選手、鍋島莉奈(JP日本郵政G)選手であろう。一山選手はマラソンの代表選手ではあるが10000mでも参加標準記録を破る走りを見せている。先日の全日本実業団駅伝では3区で新谷選手、鍋島選手に次ぐ記録で走っており調子問題ない。代表としてトラックでも勝負できるところを見せてほしい。鍋島選手は前回大会の優勝者。先日の全日本実業団駅伝では3区で新谷選手に1分以上離されてしまったが本職はトラック。トラックレースではあそこまで一方的な展開となることはないだろう。新谷選手の独壇場を阻止する走りに期待したい。

3000mSC

オリンピック参加標準記録:9:30.00

15:30スタート

この種目は日本記録保持者の早狩選手以降なかなか第一人者と呼ばれる選手が出てきていない種目。今回も本命不在の大混戦のレースとなることは間違いないだろう。その中でも注目選手は過去に優勝経験のあるこの3名だろう。

吉村玲美(大東文化大学)選手は前回大会の優勝者。ドーハ世界選手権にも出場。今季は日本インカレを大会記録で優勝し勢いに乗っている。今大会のエントリータイムでもトップタイムを記録し順当であれば最も優勝に近い選手となってくるだろう。

前々回大会優勝の石澤ゆかり(エディオン)選手。前回大会は2位と惜しい結果に終わっただけに今回はリベンジに燃えていることだろう。今年は全日本クロカンに優勝し結果も残してきた。出場者の中では最年長の32歳。ベテランらしいレース運びに期待しい。

3年前の優勝者の森智香子(積水化学)選手。元々は1500mなどを得意としていたスピードランナー。3000mSCを始めてからはそのスピードを生かした走りでトップを走り続けてきた。前回優勝した吉村選手とは大東文化大学の先輩後輩の関係。先輩として負けたくないという思いもあるだろう。

注目選手は挙げたが誰が勝ってもおかしくないレース。吉村選手の連覇か。石澤選手、森選手の女王返り咲きか。はたまた新たなヒロイン誕生か。熱いレースに期待。

コメント

タイトルとURLをコピーしました