第104回 日本選手権・長距離種目 感想を語る

スポンサーリンク
主要大会

2020年12月4日 ヤンマースタジアム長居にて行われたこの試合。2つの日本記録。3名のオリンピック内定者を出した本当にレベルの高い大会となった。今大会の各種目のレース展開と結果の感想についてひたすら語っていきたいと思います。

事前に大会の展望を語っている記事もありますのでどれだけ予想とあっていたかも確認して頂けると幸いです。

女子3000mSC

レール結果

順位 選手名 所属 記録
1 石澤 ゆかり エディオン 09:48.76
2 吉村 玲美 (2) 大東文化大 09:49.45
3 藪田 裕衣 大塚製薬 09:52.19
4 山中 柚乃 愛媛銀行 09:53.61
5 西出 優月 (3) 関西外国語大 09:55.01
6 吉川 侑美 ユニクロ 09:58.12
7 西山 未奈美 (3) 松山大 10:07.05
8 瀬川 帆夏 シスメックス 10:10.61
9 佐藤 奈々 スターツ 10:20.74
10 森 智香子 積水化学 10:21.65
11 沖村 美夏 愛媛銀行 10:21.95
12 秋山 祐妃 (4) 大東文化大 10:28.03
13 小池 彩加 大和田住宅仙台 10:31.34
14 後藤 梨奈 (4) 中京大 10:33.08
15 髙橋 優菜 (4) 順天堂大 10:42.75
16 三浦 佳奈 (4) 東北福大 10:52.59

レース展開

序盤は各選手が入れ替わりながら先頭を引っ張る展開。 中盤から石澤(エディオン)選手が先頭に立ちそれに付いたのが吉村(大東文化大)選手、山中(愛媛銀行)選手。3人でレースを進めるも残り2周で石澤選手がスパート。2人とは距離が離れるも吉村選手はペースを上げ追いつこうとする。しかし障害に足を引っかけ転倒。吉村選手は転倒後も猛追。ラストのペースが上がらない石澤を追い詰めるも届かず宍澤選手が9:48.76で2年ぶりの優勝。吉村選手は2位で2連覇はならなかった。

レースの感想

石澤選手のレース展開の上手さが光ったレース。おそらくあのレース展開をする事前に決めていて実行できた試合だと思う。吉村選手は転倒がなかったら追いつけていたかもしれないが、誰かが出たら付いていくことを繰り返していて場当たり的なレースだったように思える。レース前の準備の差が今回の勝負の結果を左右したのではないかと思った。

男子3000mSC

レース結果

順位 選手名 所属 記録
1 山口 浩勢 愛三工業 08:24.19
2 楠 康成 阿見AC 08:28.01
3 青木 涼真 Honda 08:30.81
4 滋野 聖也 プレス工業 08:31.88
5 塩尻 和也 富士通 08:34.55
6 篠藤 淳 山陽特殊製鋼 08:46.18
7 阪口 竜平 SGHグループ 08:48.30
8 潰滝 大記 富士通 08:51.13
9 神 直之 北星病院 08:55.11
10 松本 葵 大塚製薬 08:58.29
11 近藤 聖志 トヨタ自動車 08:58.98
12 打越 雄允 大塚製薬 09:22.29
  荻野 太成 旭化成 DQ S5
OP フィレモン キプラガット 愛三工業 08:24.74

レース展開

2000m手前まで前回優勝の阪口(SGHグループ) 選手が引っ張り、それにキプラガット(愛三工業)選手、山口(愛三工業)選手、青木(Honda)選手、楠(阿見AC)選手、滋野(プレス工業)選手がついていく。しかしキプラガット選手が前に出た際に阪口選手が障害を越えられず止まってしまう。その後はキプラガット選手が引っ張り山口選手、楠選手がついて競り合いながらラスト1周。山口選手が最後は振り切り8:24.19で優勝。楠選手が2位。注目された塩尻(富士通)は5位となった。

レースの感想

山口選手は常に先頭でレースをししっかりとラストで振り切る王道のレースで勝ち切った。オリンピック参加標準記録にはあと2秒届かなかったが次を期待できるレースをしてくれた。今回は欠場になってしまったが三浦(順天堂大)選手とこの種目を引っ張っていってほしい。阪口選手は2000m手前まで引っ張りレースを作っていたので残念な結果になったがこれも3000mSCの競技らしさがでたと思った。

男子5000m

レース結果

順位 選手名 所属 記録
1 坂東 悠汰 富士通 13:18.49
2 松枝 博輝 富士通 13:24.78
3 吉居 大和 (1) 中央大 13:25.87(NJR)
4 川瀬 翔矢 (4) 皇學館大 13:28.70
5 松村 陣之助 コモディイイダ 13:34.53
6 森田 佳祐 小森コーポ 13:34.57
7 梶原 有高 ひらまつ病院 13:35.24
8 的野 遼大 三菱重工 13:35.63
9 羽生 拓矢 トヨタ紡織 13:35.88
10 竹内 大地 トーエネック 13:40.77
11 小山 直城 Honda 13:41.76
12 古賀 淳紫 安川電機 13:44.40
13 上野 裕一郎 セントポールクラブ 13:45.28
14 田中 秀幸 トヨタ自動車 13:46.78
15 服部 弾馬 トーエネック 13:47.86
16 中西 亮貴 トーエネック 13:50.29
17 小指 卓也 (2) 早稲田大 13:58.30
18 橋爪 孝安 SGHグループ 13:59.37
19 藤本 珠輝 (2) 日本体育大 14:00.16
20 桃澤 大祐 サン工業 14:00.53
21 中西 玄気 愛三工業 14:02.34
22 高田 康暉 住友電工 14:09.53
23 近藤 秀一 GMOインターネット 14:15.40
24 市川 孝徳 日立物流 14:29.18
  浅岡 満憲 日立物流 DNF
OP アモス クルガト 中電工 13:21.39
OP ジャスティス ソゲット Honda 13:20.55
OP ベナード キメリ 富士通 13:24.53
  石田 洸介 (3) 東京農大二高 DNS
  アントニー マイナ (2) 興國高 DNS

レース展開

オープン参加の外国勢3人が引っ張りレースを作る展開。2000m付近から集団が分かれ始め、2600m付近で先頭に残ったのが坂東(富士通)選手、松枝(富士通)選手、吉居(中央大)選手、川瀬(皇學館大)選手。3000m付近では松枝選手、川瀬選手が離れ日本人は坂東選手、吉居選手の2人に。3800m付近で吉居選手は離れ坂東選手ののみに。ラスト300mで坂東選手はスパートに外国勢も振り切り13:18.49で優勝。2位には離れても粘った松枝選手。3位には吉居選手が入った。吉居選手の記録はU20日本新記録樹立となった。

レースの感想

坂東選手が強かったの一言。ただ外国勢につくだけではなくラスト振り切り勝っていくあたりは他の選手とは頭一つ抜けたといってもいい走りだった。オリンピック参加標準には届かなかったがレース次第では十分に突破できる力を見せてくれた。吉居選手もU20日本記録を樹立するいい結果だったが、急に集団で前に行ったり、離れてから急にペースが落ちていたりと改善すべき点は多かったように思える。まだ19歳なので次につなげていってほしい。

女子5000m

レース結果

順位 選手名 所属 記録
1 田中 希実 豊田自動織機TC 15:05.65
2 廣中 璃梨佳 JP日本郵政G 15:07.11
3 萩谷 楓 エディオン 15:19.41
4 西原 加純 ヤマダホールディングス 15:23.88
5 川口 桃佳 豊田自動織機 15:24.24
6 田﨑 優理 ヤマダホールディングス 15:24.61
7 和田 有菜 (3) 名城大 15:25.14
8 五島 莉乃 資生堂 15:29.03
9 中原 海鈴 京セラ 15:29.91
10 岡本 春美 三井住友海上 15:32.46
11 中村 優希 パナソニック 15:33.54
12 田邉 美咲 三井住友海上 15:36.47
13 兼重 志帆 GRlab関東 15:39.63
14 清水 真帆 ヤマダホールディングス 15:43.22
15 佐藤 成葉 資生堂 15:43.94
16 荘司 麻衣 ユニクロ 15:56.05
OP カマウ タビタジェリ 三井住友海上 15:09.63
OP カリウキ ナオミムッソーニ ユニバーサル 15:48.27

レース展開

2000mまでは田崎(ヤマダ)選手が引っ張りややスローな展開。その後は廣中(JP日本郵政G)は引っ張り田中(豊田自動織機TC)選手と萩谷(エディオン)選手の三つ巴に。その後萩谷選手が離れ廣中選手と田中選手の一騎打ちに。ラスト250mで田中選手が前に出てそのまま振り切り15:05.65で優勝。オリンピック代表に内定した。ラストまで競り合った廣中選手が2位。萩谷選手が3位となった。

レースの感想

廣中選手が最初から引っ張っていくのかと思いきや田崎選手が引っ張りややスローな展開になったため田中選手のラストスパートで勝負ありといった感じだった。廣中選手が駅伝でやるような最初からハイペースな展開でレースをしていたら勝つ可能性はあったのかもしれない。田中選手が前に出たのは最後の250mのみ。この展開にもっていった田中選手が勝つべくして勝ったといった感じだった。

女子10000m

レース結果

順位 選手名 所属 記録
1 新谷 仁美 積水化学 30:20.44(NNR,NCR)
2 一山 麻緒 ワコール 31:11.56
3 佐藤 早也伽 積水化学 31:30.19
4 鍋島 莉奈 JP日本郵政G 31:31.52
5 矢田 みくに デンソー 31:34.39
6 萩原 歩美 豊田自動織機 31:36.04
7 筒井 咲帆 ヤマダホールディングス 31:36.19
8 安藤 友香 ワコール 31:37.71
9 加世田 梨花 (4) 名城大 31:39.86
10 矢野 栞理 デンソー 31:46.84
11 西田 美咲 エディオン 32:09.91
12 福良 郁美 大塚製薬 32:10.29
13 大西 ひかり JP日本郵政G 32:10.56
14 小笠原 朱里 デンソー 32:10.69
15 鈴木 優花 (3) 大東文化大 32:11.66
16 加藤 岬 九電工 32:14.85
17 森田 香織 パナソニック 32:44.99
18 山口 遥 AC・KITA 33:06.98
19 竹地 志帆 ヤマダホールディングス 33:24.84
20 三宅 紗蘭 天満屋 34:40.42
  関谷 夏希 (7) 大東文化大 DNF
  岡本 春美 三井住友海上 DNS
  小林 成美 (2) 名城大 DNS

レース展開

2000mまでは佐藤(積水化学)選手が引っ張るが、そこからは新谷(積水化学)選手が引っ張り後続を引き離しにかかる。3000mまでは一山(ワコール)選手がつくがこれ以降は一人旅の独走。他をまったく寄せ付けない走りで30:20.44の日本新記録で優勝。オリンピック代表に内定した。2位は一山選手。3位には佐藤選手が入った。新谷選手は2位の一山選手以外を周回遅れにするほどの独走だった。

レースの感想

新谷選手日本新記録おめでとうございます。本当にすごいとしか言えないくらいの走りだった。強い選手がほとんどを周回遅れにすることはあるが、日本のトップが集まる日本選手権で一山選手以外を周回遅れにするのは異次元の走りだった。もちろん今大会のレベルが低いわけではなく31分台が10人はおそらく過去最高人数。それですら歯が立たないとは。5000mの通過が15:07で今大会の5000mの優勝記録が15:05。通過タイムでも5000mで通用する走りだった。オリンピックの舞台でもいい結果を出してほしい。

男子10000m

レース結果

男子10000m 1組目

順位 選手名 所属 記録
1 市田 孝 旭化成 27:52.35
2 中谷 雄飛(3) 早稲田大 27:54.06
3 太田 直希(3) 早稲田大 27:55.59
4 大六野 秀畝 旭化成 28:01.29
5 塩澤 稀夕(4) 東海大 28:08.83
6 相葉 直紀 中電工 28:12.63
7 鈴木 大貴 YKK 28:15.57
8 東 瑞基 愛三工業 28:16.67
9 倉田 翔平 GMOインターネット 28:17.60
10 聞谷 賢人 トヨタ紡織 28:19.54
11 横井 裕仁 NTN 28:25.58
12 田村 友佑 黒崎播磨 28:25.74
13 中村 高洋 京セラ鹿児島 28:28.01
14 宮脇 千博 トヨタ自動車 28:38.48
15 今井 崇人 旭化成 28:45.69
16 坂田 昌駿 中央発條 28:58.92
17 湯澤 舜 SGHグループ 28:59.92
18 山藤 篤司 トヨタ自動車 29:15.54
OP マゴマ ベヌエル モゲニ 旭化成 28:11.94
  川瀬 翔矢 (4) 皇學館大 DNS

男子10000m 2組目

順位 選手名 所属 記録
1 相澤 晃 旭化成 27:18.75(NNR NCR)
2 伊藤 達彦 Honda 27:25.73(NNR NCR)
3 田村 和希 住友電工 27:28.92(NNR)
4 河合 代二 トーエネック 27:34.86
5 鎧坂 哲哉 旭化成 27:36.29
6 大迫 傑 Nike 27:36.93
7 佐藤 悠基 SGHグループ 27:41.84
8 田澤 廉 (2) 駒澤大 27:46.09
9 村山 謙太 旭化成 27:50.09
10 丸山 竜也 八千代工業 27:52.27
11 茂木 圭次郎 旭化成 27:57.36
12 大池 達也 トヨタ紡織 27:58.40
13 池田 耀平 (4) 日本体育大 27:58.52
14 青木 祐人 トヨタ自動車 27:58.63
15 井上 大仁 三菱重工 27:59.40
16 小椋 裕介 ヤクルト 28:03.33
17 大石 港与 トヨタ自動車 28:04.56
18 浦野 雄平 富士通 28:05.37
19 天野 誠也 自衛隊体育学校 28:08.94
20 延藤 潤 マツダ 28:09.50
21 村山 紘太 旭化成 28:16.27
22 今井 篤弥 トヨタ自動車九州 28:17.38
23 鈴木 祐希 カネボウ 28:18.10
24 鈴木 健吾 富士通 28:18.48
25 藤曲 寛人 トヨタ自動車九州 28:19.83
26 鈴木 塁人 SGHグループ 28:24.62
27 鈴木 洋平 愛三工業 28:32.00
28 西山 和弥 (4) 東洋大 28:54.30
29 設楽 悠太 Honda 29:03.50
  西山 雄介 トヨタ自動車 DNF
OP クレオファス カンディエ 三菱重工 27:43.51
OP ベナード コエチ 九電工 27:19.42

男子10000m 総合

順位 選手名 所属 記録
1 相澤 晃 旭化成 27:18.75(NNR NCR)
2 伊藤 達彦 Honda 27:25.73(NNR NCR)
3 田村 和希 住友電工 27:28.92(NNR)
4 河合 代二 トーエネック 27:34.86
5 鎧坂 哲哉 旭化成 27:36.29
6 大迫 傑 Nike 27:36.93
7 佐藤 悠基 SGHグループ 27:41.84
8 田澤 廉 (2) 駒澤大 27:46.09
9 村山 謙太 旭化成 27:50.09
10 丸山 竜也 八千代工業 27:52.27
11 市田 孝 旭化成 27:52.35
12 中谷 雄飛(3) 早稲田大 27:54.06
13 太田 直希(3) 早稲田大 27:55.59
14 茂木 圭次郎 旭化成 27:57.36
15 大池 達也 トヨタ紡織 27:58.40
16 池田 耀平 (4) 日本体育大 27:58.52
17 青木 祐人 トヨタ自動車 27:58.63
18 井上 大仁 三菱重工 27:59.40
19 大六野 秀畝 旭化成 28:01.29
20 小椋 裕介 ヤクルト 28:03.33
21 大石 港与 トヨタ自動車 28:04.56
22 浦野 雄平 富士通 28:05.37
23 塩澤 稀夕(4) 東海大 28:08.83
24 天野 誠也 自衛隊体育学校 28:08.94
25 延藤 潤 マツダ 28:09.50
26 相葉 直紀 中電工 28:12.63
27 鈴木 大貴 YKK 28:15.57
28 村山 紘太 旭化成 28:16.27
29 東 瑞基 愛三工業 28:16.67
30 今井 篤弥 トヨタ自動車九州 28:17.38
31 倉田 翔平 GMOインターネット 28:17.60
32 鈴木 祐希 カネボウ 28:18.10
33 鈴木 健吾 富士通 28:18.48
34 聞谷 賢人 トヨタ紡織 28:19.54
35 藤曲 寛人 トヨタ自動車九州 28:19.83
36 鈴木 塁人 SGHグループ 28:24.62
37 横井 裕仁 NTN 28:25.58
38 田村 友佑 黒崎播磨 28:25.74
39 中村 高洋 京セラ鹿児島 28:28.01
40 鈴木 洋平 愛三工業 28:32.00
41 宮脇 千博 トヨタ自動車 28:38.48
42 今井 崇人 旭化成 28:45.69
43 西山 和弥 (4) 東洋大 28:54.30
44 坂田 昌駿 中央発條 28:58.92
45 湯澤 舜 SGHグループ 28:59.92
46 設楽 悠太 Honda 29:03.50
47 山藤 篤司 トヨタ自動車 29:15.54

レース展開

※今回は2組目のみ話します。

オープン参加のコエチ(九電工)選手を中心に外国勢が引っ張る展開。6000mでは9人の集団。6400mでコエチ選手がペースアップそれに伊藤(Honda)選手がすぐさま対応。続いて相澤(旭化成)選手、田村(住友電工)選手も追いつく展開。その後田村選手が離れ、8000m手前で伊藤選手が離れかけるも再び追いつく。しかしまたすぐに離れてしまいコエチ選手と相澤選手の競り合いに。ラスト400mで相澤選手がスパートし27:18.75の日本記録で優勝。オリンピックの参加標準記録も突破し代表内定した。2位は終盤まで競り合った伊藤選手。伊藤選手もオリンピックの参加標準記録を突破する27:25.73。3位に田村選手が入った。3位までが従来の日本記録を破るハイレベルなレースとなった。

レースの感想

箱根駅伝2区での名勝負から11か月。相澤選手と伊藤選手の二人が競り合うとなぜここまでの名勝負が生まれるのか。本当に素晴らしい走りを見せてくれた。相澤選手日本新記録おめでとうございます。伊藤選手も粘りの走りで従来の日本記録を破る活躍が素晴らしかった。田村選手も日本記録を破るもレース後に涙を見せる姿が印象的でした。絶対次のレースでさらなる結果を見せてくれるでしょう。今回のレースでは27分台が18名。ここまでハイレベルなレースを見せてくれた他の選手も素晴らしかった。もうこれしか言えない。

最後に

今回の日本選手権で新谷選手、相澤選手が日本記録樹立。田中選手、新谷選手、相澤選手がオリンピック代表内定となった。全体を通してとてもハイレベルなレースで過去最高の日本選手権といったも過言ではなく日本のレベルがとても上がっているというのを実感できた大会だった。出場した選手の皆さんお疲れさまでした。素晴らしい大会をありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました