富士山女子駅伝2020 結果と感想を語る 

スポンサーリンク

本日富士山女子駅伝が開催されました。名城大学が大会新記録で優勝。大東文化大学が2位。立命館大学が3位という結果になりました。区間新記録、区間タイ記録が4区間出るなどレベルの高いレースとなりました。レースの展開と結果について感想を語っていきたいと思います。

事前にレースの展望を行った記事はこちら

1区(4.1km)

レース展開

1kmは3:30とゆっくりな展開。1.4kmから名城の高松選手が飛び出す。一時は10秒近い差をつけていたが3km前から徐々に詰め始めラスト600mで日体大の赤堀選手が先頭に出る。そのまま赤堀選手が逃げ切りトップ。2位に大阪学院大。3位関西大。途中飛び出した名城は4位。優勝を狙う大東大が7位。立命館が8位スタートになった。

通過順位

1位 日本体育大 13:04
2位 大阪学院大 13:07(0:03)
3位 関西大 13:08(0:04)
4位 名城大 13:10(0:06)
5位 福岡大 13:14(0:10)
6位 京都産業大 13:15(0:11)
7位 大東文化大 13:16(0:12)
8位 立命館大 13:24(0:20)
9位 佛教大 13:25(0:21)
10位 城西大 13:25(0:21)

区間順位

1位 赤堀 かりん(2) 日本体育大 13:04
2位 戸田 朱音(4) 大阪学院大 13:07
3位 小杉 真生(1) 関西大 13:08
4位 髙松 智美ムセンビ(3) 名城大 13:10
5位 黒石 瑠香(2) 福岡大 13:14
6位 若井 莉央(3) 京都産業大 13:15
7位 今井 彩月(2) 大東文化大 13:16
8位 西原 愛華(1) 立命館大 13:24
9位 芝本 涼花(3) 佛教大 13:25
10位 渡辺 早紀(3) 東洋大 13:25

2区(6.8km)

レース展開

名城の和田選手が1km過ぎにトップに出て後続との差を広げる。2.5km付近で大東大が2位集団に追い付く。立命館大飛田選手が後方から追い上げて5kmで大東大の吉村選手を抜き2位に上がる。先頭の和田選手は後続との差を一気に広げてトップで通過、後続と50秒差をつけた。2位には追い上げた立命館。3位は大東大。4位は大東大とほぼ差がなく関西大が続いた。

通過順位

1位 名城大 33:50
2位 立命館大 34:40(0:50)
3位 大東文化大 34:50(1:00)
4位 関西大 34:52(1:02)
5位 福岡大 35:13(1:23)
6位 日本体育大 35:14(1:24)
7位 松山大 35:16(1:26)
8位 大阪学院大 35:22(1:32)
9位 城西大 35:31(1:41)
10位 東京農業大 35:49(1:59)

区間順位

1位 和田 有菜(3) 名城大 20:40
2位 飛田 凜香(2) 立命館大 21:16
3位 吉村 玲美(2) 大東文化大 21:34
4位 西山 未奈美(3) 松山大 21:38
5位 柳谷 日菜(3) 関西大 21:44
6位 白石 由佳子(4) 順天堂大 21:58
7位 井手 彩乃(4) 福岡大 21:59
8位 藤村 華純(2) 城西大 22:06
9位 宮内 志佳(1) 日本体育大 22:10
10位 佐野 英里佳(4) 拓殖大 22:12

3区(3.3km)

レース展開

名城がトップを走るが後ろから区間記録保持者の立命館の御﨑選手が迫る。後方では日体大、順天堂大が徐々に順位を上げ始める。名城の鴨志田は差を詰められるもトップをキープ。2位には立命館。3位は大東文と続いた。

通過順位

1位 名城大 44:20
2位 立命館大 45:05(0:45)
3位 大東文化大 45:24(1:04)
4位 関西大 45:36(1:16)
5位 日本体育大 45:36(1:16)
6位 大阪学院大 45:57(1:37)
7位 松山大 45:59(1:39)
8位 福岡大 46:06(1:46)
9位 順天堂大 46:11(1:51)
10位 城西大 46:13(1:53)

区間順位

1位 保坂 晴子(1)日本体育大 10:22
1位 花田 咲絵(4) 順天堂大 10:22
3位 逸見 亜優(2) 京都産業大 10:23
4位 御﨑 舞(3) 立命館大 10:25
5位 鴨志田 海来(3) 名城大 10:30
6位 川島 琴美(2) 大東文化大 10:34
7位 袴田 華帆(2) 大阪学院大 10:35
8位 堀 綾花(1) 神戸学院大 10:36
9位 村上 礼乃(1) 城西大 10:42
9位 武内 わかな(2) 東北福祉大 10:42

4区(4.4km)

レース展開

名城の山本選手が区間新ペースでトップをひた走る。大東文化の秋山選手、立命館の小林選手も必死に追うも差を広げられる。後方では福岡大、城西大が順位を上げてくる。名城大が1分以上に差を広げてトップ。2位は立命館。3位は大東大。

通過順位

1位 名城大 58:15
2位 立命館大 59:42(1:27)
3位 大東文化大 59:56(1:41)
4位 日本体育大 1:00:27(2:12)
5位 関西大 1:00:33(2:18)
6位 福岡大 1:00:45(2:30)
7位 城西大 1:00:46(2:31)
8位 松山大 1:00:51(2:36)
9位 大阪学院大 1:01:04(2:49)
10位 順天堂大 1:01:18(3:03)

区間順位

1位 山本 有真(2) 名城大 13:55
2位 秋山 祐妃(4) 大東文化大 14:32
3位 篭谷 有希(4) 城西大 14:33
4位 小林 朝(1) 立命館大 14:37
5位 花房 百伽(3) 福岡大 14:39
6位 黒田 澪(2) 日本体育大 14:51
7位 田川 友貴(3) 松山大 14:52
8位 山下 桃花(4) 佛教大 14:54
9位 木下 茜(2) 関西大 14:57
10位 冨田 彩水(1) 京都光華女子大 15:02

5区(10.5km)

レース展開

名城のエース加世田選手がトップを走る。大東文化の鈴木選手は名城を追うが中間点までは加世田選手とほぼ同じペース。後半はペースを上げ7kmに立命館をとらえ前を追う。加世田選手は後半ペースが落ち、鈴木選手との差がどんどん縮まる。名城加世田は詰められはしたがトップをキープ。大東文化の鈴木選手は差を1分近く縮める走りで2位。立命館が3位で粘った。

通過順位

1位 名城大 1:33:41
2位 大東文化大 1:34:25(0:44)
3位 立命館大 1:34:44(1:03)
4位 日本体育大 1:35:57(2:16)
5位 松山大 1:36:18(2:37)
6位 城西大 1:36:24(2:44)
7位 大阪学院大 1:36:33(2:53)
8位 福岡大 1:36:50(3:09)
9位 関西大 1:37:07(3:26)
10位 順天堂大 1:37:32(3:51)

区間順位

1位 鈴木 優花(3) 大東文化大 34:29
2位 中田 美優(4) 立命館大 35:02
3位 加世田 梨花(4) 名城大 35:26
4位 小松 優衣(2) 松山大 35:27
5位 室伏 香音(3) 大阪学院大 35:29
6位 岡島 楓(3) 日本体育大 35:30
7位 福嶋 摩耶(2) 城西大 35:38
8位 笠原 奈月(1) 福岡大 36:05
8位 西出 優月(3) 関西外国語大 36:05
10位 山﨑 夢乃(4) 佛教大 36:09

6区(6.0km)

レース展開

名城の増渕は1年生ながら安定した走り。後方から大東文化の関谷選手が追ってくるも全く動じず2人とも区間新記録ペースで走る。後方では城西大が順位を上げ前を伺う。増渕は区間新記録の走りでトップでアンカーに襷をつないだ。2位で襷をつないだ関谷選手も区間新記録の走りを見せたが4秒差が広がった。3位で立命館大学が続いた。

通過順位

1位 名城大 1:53:12
2位 大東文化大 1:54:00(0:48)
3位 立命館大 1:55:07(1:55)
4位 城西大 1:56:16(3:04)
5位 日本体育大 1:56:22(3:10)
6位 松山大 1:56:50(3:38)
7位 大阪学院大 1:56:59(3:47)
8位 関西大 1:57:32(4:20)
9位 福岡大 1:57:43(4:31)
10位 順天堂大 1:58:27(5:15)

区間順位

1位 増渕 祐香(1) 名城大 19:31
2位 関谷 夏希(M1) 大東文化大 19:35
3位 伊藤 柚葉(1) 城西大 19:52
4位 林 ひかる(4) 立命館大 20:23
5位 一瀬 美結(3) 日本体育大 20:25
5位 磯野 美空(1) 関西大 20:25
7位 野崎 光(2) 大阪学院大 20:26
8位 河内 彩衣琉(3) 松山大 20:32
9位 下里 芽依(1) 東洋大 20:38
10位 長與 桜子(3) 福岡大 20:53

7区(8.3km)

レース展開

名城の時期エース小林選手が全く他を寄せ付けない走りを見せる。大東の山賀選手もいい走りを見せるが差は広がる一方。富士山駅伝名物の上りの区間だが全く苦にせず小林選手が後方との差を広げる。4位争いは熾烈で城西、日体大が競り合う中、後方から松山、大阪学院が追い上げる。名城は危なげない走りで大会新記録で優勝。2位に大東文化大学。3位には立命館大学。4位争いは松山大学が制し、以降大阪学芸大学、城西大学、日体体育大学、関西大学と続いた。

総合順位

1位 名城大 2:21:38(大会新)
2位 大東文化大 2:24:16
3位 立命館大 2:27:00
4位 松山大 2:27:42
5位 大阪学院大 2:27:53
6位 城西大 2:27:59
7位 日本体育大 2:28:21
8位 関西大 2:29:19
9位 福岡大 2:30:16
10位 関西外国語大 2:30:51

区間順位

1位 小林 成美(2) 名城大 28:26
2位 山賀 瑞穂(2) 大東文化大 30:16
3位 大谷 菜南子(3) 松山大 30:52
4位 加藤 詩帆加(3) 大阪学院大 30:54
5位 矢尾 桃子(2) 関西外国語大 30:56
6位 渡辺 光美(2) 城西大 31:43
7位 平井 日陽(3) 玉川大 31:46
8位 飯島 果琳(1) 関西大 31:47
9位 松本 美咲(4) 立命館大 31:53
10位 中村 朱里(2) 日本体育大 31:59

感想

名城の加世田選手が本来の走りではなかったが危なげなく優勝した。レース予想でも話したが1区高松選手、2区和田選手が出たら勝負が決まってしまうみたいなことを書いたらその通りになった。最初の2区間でほぼ勝負を決めてしまったといっても過言ではない。それぐらい圧倒的だった。他の選手も区間記録や区間新。これでは他大学はお手上げだっただろう。

2位に入った大東文化大学は5区までに差を付けられすぎていた。鈴木選手はいい走りを見せていたがあの時点で追いついていなければ勝ち目はなかっただろう。総合力の差が出てしまった。

3位の立命館大学は久しぶりに立命館らしい走りを見せてくれた。くーねるは大学駅伝は立命館大学が勝ち続けていたころが大好きです。あの頃みたいになりそうな期待を見せてくれるレースだった。

今回のレースは今年最後に本当にいいレースを見せてくれたと思えるレースだった。優勝争いは名城が圧勝といったレースだったが4位から10位ぐらいはでは区間ごとに目まぐるしく変わるような白熱したレースが展開されており面白かったです。これで2020年のレースは終わり2021年となりますがまた来年も熱いレースを見せてくれることを期待します。選手の皆さんはお疲れさまでした。来年新しいステージでも頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました