箱根駅伝2021 最終学年の箱根駅伝

スポンサーリンク

昨日はルーキーたちの箱根駅伝と題して1年生の箱根駅伝の結果をまとめてみました。今回は4年生にスポットを当てて結果をまとめていこうと思います。学生生活最後、なかには競技生活最後を迎えた選手たちの箱根駅伝はどうだったのか。その結果をどうぞ

箱根駅伝の結果とルーキーの結果はこちら

4年生の結果

駒沢大学

伊東 颯汰 ⇒8区当日変更
加藤 淳  ⇒1区当日変更
神戸 駿介 ⇒10区当日変更
小林 歩  ⇒3区区間2位

創価大学

石津 佳晃 ⇒9区区間賞
鈴木 渓太 ⇒6区当日変更
原富 慶季 ⇒7区区間2位
福田 悠一 ⇒1区区間3位

東洋大学

大澤 駿  ⇒補欠
小田 太賀 ⇒9区区間7位
西山 和弥 ⇒7区区間12位
野口 英希 ⇒8区区間2位
吉川 洋次 ⇒4区区間6位

青山学院大学

岩見 秀哉 ⇒8区区間3位
神林 勇太 ⇒補欠
新号 健志 ⇒補欠
松葉 慶太 ⇒補欠
吉田 圭太 ⇒1区区間6位
竹石 尚人 ⇒5区区間17位

東海大学

塩澤 稀夕 ⇒1区区間2位
名取 燎太 ⇒2区区間8位
西田 壮志 ⇒5区区間7位
米田 智哉 ⇒10区当日変更

早稲田大学

宍倉 健浩 ⇒7区区間8位
吉田 匠  ⇒補欠

順天堂大学

清水 颯大 ⇒6区区間2位
原田 宗広 ⇒10区区間6位
真砂 春希 ⇒補欠
矢野 直幹 ⇒6区当日変更

帝京大学

小野寺 悠 ⇒1区区間13位
鳥飼 悠生 ⇒8区区間6位
星 岳   ⇒2区区間12位
増田 空  ⇒10区当日変更
山根 昂希 ⇒10区区間11位

國學院大学

臼井 健太 ⇒3区区間7位
門田 秀利 ⇒1区当日変更
河東 寛大 ⇒4区区間15位
木下 巧  ⇒10区当日変更
高嶌 凌也 ⇒9区区間12位
田川 良昌 ⇒7区当日変更
徳備 大輔 ⇒7区区間7位
藤村 遼河 ⇒4区当日変更

東京国際大学

荒井 雄哉 ⇒5区区間10位
内田 光  ⇒3区区間9位
加藤 純平 ⇒9区区間14位
熊谷 真澄 ⇒8区区間14位
佐伯 涼  ⇒7区区間賞
杉崎 翼  ⇒10区区間12位

明治大学

小袖 英人 ⇒3区区間12位
大保 海士 ⇒8区区間賞
長倉 奨美 ⇒10区区間10位
樋口 大介 ⇒5区当日変更
前田 舜平 ⇒6区区間13位
村上 純大 ⇒3区当日変更

中央大学

池田 勘汰  ⇒4区当日変更
畝 拓夢   ⇒5区区間18位
加井 虎造  ⇒10区当日変更
川崎 新太郎 ⇒10区区間5位
三須 健乃介 ⇒4区区間8位

神奈川大学

井手 孝一 ⇒2区区間9位
菊池 夏規 ⇒9区当日変更
北﨑 拓矢 ⇒5区区間11位

日本体育大学

池田 耀平 ⇒2区区間3位
岩室 天輝 ⇒3区区間11位
大内 一輝 ⇒補欠
亀田 優太朗 ⇒7区当日変更
嶋野 太海  ⇒8区当日変更
菅沼 隆佑  ⇒6区区間17位
野上 翔大  ⇒9区区間9位
福住 賢翔  ⇒4区区間17位
森下 滉太  ⇒7区区間9位

拓殖大学

青柳 拓郎  ⇒補欠
石川 佳樹  ⇒5区区間5位
吉原 遼太郎 ⇒2区当日変更

城西大学

梶川 由稀 ⇒4区区間18位
菊地 駿弥 ⇒2区区間11位
貴田 勇斗 ⇒補欠
雲井 崚太 ⇒10区区間19位
菅原 伊織 ⇒3区区間17位

法政大学

奥山 智広 ⇒10区当日変更
糟谷 勇輝 ⇒8区区間12位
田辺 佑典 ⇒7区区間18位
古海 航  ⇒5区区間12位
須藤 拓海 ⇒6区区間15位

国士舘大学

加藤 直人 ⇒10区当日変更
孝田 拓海 ⇒5区区間14位
杉本 日向 ⇒補欠
鈴木 大介 ⇒6区当日変更
曽根 雅文 ⇒6区区間9位

山梨学院大学

荒井 祐人 ⇒補欠
遠藤 悠紀 ⇒9区区間18位
瀬戸 祐希 ⇒4区当日変更
日影 優哉 ⇒6区区間10位
森山 真伍 ⇒2区区間18位

専修大学

大石 亮  ⇒補欠
茅野 雅博 ⇒2区区間20位
辻 海里  ⇒9区区間16位

関東学生連合チーム

梶山 拓郎  ⇒補欠
難波 天   ⇒1区区間10位
前山 晃太郎 ⇒補欠

4年生の活躍

今大会は100名がエントリーされ61名が箱根路を走った。やはり最終学年というのもあって大学の顔となっているような選手も多かった。傾向として4年生がチームの役割をこなせているチームは上位やシード権内に多い印象。

2位に入った創価大学の4年生は走ったメンバーの区間順位は3位以内。先頭で走ったのがよくわかる結果だった。

逆に駒澤大学は4人中3名が当日変更で変わっている。大八木監督もインタビューなどで語っていたが3位以内に入って来年につなげることを見越したオーダーを組んでいたことが分かる。

東海大学は3本柱の4年生をすべて往路に配置。4区のブレーキで往路優勝とはならなかったが4年生の力を十分に見せてくれていた。

日本体育大学は9名がエントリーし6名が出走。2区の池田選手、9区野上選手は中心選手として箱根路でも主要区間で活躍を見せていた。

國學院大學や東京国際大学は昨年いた絶対的なエースが卒業し今年は戦力が落ちると思われていたがしっかりとシード権を守り抜いた。その原動力となっていたのが今年の4年生。國學院大學は4名、東京国際大学は6名と4年生が多くの区間を担った。エースはいなくなったが総合力でカバーした。

やはり4年生がチーム目標に対してどれだけ貢献できたかによって大きく結果が変わってくるようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました