【大阪国際女子マラソン 2021】 結果・速報&レース展開と感想

スポンサーリンク
マラソン

第40回大阪国際女子マラソンが1月31日長居公園内周回コースで行われました。

今大会は周回コースでの実施、男子よるペースメーカーなど異例づくしの大会となりました。

異例な状況でしたが一山選手が大会新記録で優勝。

前田選手や他の選手も自己記録を更新する選手が続出するなど記録的に恵まれた大会となりました。

そんな今大会の結果とレース展開、感想を語っていきたいと思います。

事前にレース予想した記事はこちら


大阪国際女子マラソン【公式】

レース結果

順位 記録 選手名 所属
1 2:21:11 一山 麻緒 ワコール
2 2:23:30 前田 穂南 天満屋
3 2:24:41 阿部 有香里 しまむら
4 2:24:52 上杉 真穂 スターツ
5 2:26:15 萩原 歩美 豊田自動織機
6 2:26:42 和久 夢来 ユニバーサルエンターテインメント
7 2:28:26 池満 綾乃 鹿児島銀行
8 2:29:52 松田 杏奈 京セラ
9 2:31:07 谷本 観月 天満屋
10 2:31:56 兼重 志帆 GRlab関東
11 2:32:56 中野 円花 岩谷産業
12 2:35:54 竹地 志帆 ヤマダホールディングス
13 2:38:37 永尾 薫 Sunfield AC
14 2:39:26 山口 遥 AC・KITA
15 2:40:19 澤畠 朋美 埼玉陸協
16 2:40:22 川内 侑子 あいおいニッセイ同和損害保険
17 2:40:53 西岡 真紀 モクレンRC
18 2:41:00 堀岡 智子 大阪陸協
19 2:41:10 小川 那月 神戸学院大
20 2:41:26 大井 千鶴 NARA-X

レース展開

1km
PMと一山選手、前田選手を先頭に3:12で通過。第2集団も3:18とやや速いペースで通過。

5km
一山選手、前田選手が16:32で通過。第2集団で岩出選手、池満選手、阿部選手、上杉選手、西田選手、和久選手などが続く。

10km
一山選手、前田選手が33:00で通過。日本記録ペースで進む。

13km 
前田選手が徐々に先頭集団から遅れ始める。

15km
一山選手は49:27で通過。前田選手は6秒遅れて通過。

20km
一山選手は1:05:58で通過。前田選手は1:06:32通過。一山選手は日本新ペース、前田選手は19分台のペースをキープ。

25km
一山選手は1:22:38で通過。やや疲れが出始める。前田選手は1:23:35で通過。第3集団はばらけ始める。

30km
一山選手は1:39:40で通過。この5km17:02となり日本記録ペースからは遅れ始める。前田選手は1:40:55で通過。粘りを見せる。

35km
一山選手は1:56:48で通過。2時間20分台のペースをキープ。前田選手は1:58:26で通過。自己記録は十分狙える走り。3位争いは阿部選手と上杉選手のマッチレース。

40km
一山選手は2:13:46で通過。この5km16:58と16分台に戻してくる。

ゴール
一山選手が2:21:11の大会新記録で優勝。

2位は前田選手で2:23:30と自己新記録。

3位は進退をかけて臨んだ阿部選手が2:24:41の自己新記録で入った。

4位は上杉選手で2:24:52、5位は初マラソンの萩原選手が2:26:15。

感想

今大会は日本記録を狙ったレース。

一山選手と前田選手は果敢に挑戦したが、日本記録更新はならなかった。

21分台は素晴らしい記録だが、日本記録を更新できなかったことに対して悔し涙を見せる一山選手や自己記録を出しても浮かない表情の前田選手がとても印象的だった。

まだ一山選手は23歳、前田選手は24歳。今回は日本記録更新はならなかったが、日本記録のペースに挑戦したことは今後の大きな財産になると思う

今回のレースを振り返って見つけた課題を克服し、いつか日本記録を更新してほしい。

また3位に入った阿部選手は進退をかけて臨んだレースで見事結果を残した。マラソンではなかなか思うような結果が出ていなかったので殻を破ったといったところだろう。今後の活躍にも期待したい。

今回のレースでは4位に入った上杉選手や6位に入った和久選手といった若い選手が活躍したのが印象的。

2人はともに25歳。一山選手や前田選手とも年代が近いので互いに切磋琢磨して日本のマラソン界を盛り上げてほしい。

注目の初マラソンだった萩原選手は2:26:15の5位。故障続きでなかなかマラソンに出場できないことが続いていただけにこの結果は素晴らしい結果だろう。まだまだ伸びしろは十分なのでここから記録を伸ばしてほしい。

日本記録は更新できなかったが、今大会で世界新記録が更新されました。

48位に入った弓削田 眞理子選手。弓削田選手は62歳。

弓削田 眞理子選手は2:52:13で走りマスターズ女子60歳以上の世界記録を樹立しました

弓削田 眞理子選手世界記録を樹立本当におめでとうございます。

ランニングは生涯スポーツとも言いますが何歳になっても記録を目指す志は本当に素晴らしいものだと思いました。

テレビなどでは映ることはなかったですが、こういった選手をぜひ多くのランナーに知ってほしいですね。

今大会は異例づくしの大会となりましたが、とても記憶に残る大会となったと思います。

大会関係者の迅速な対応と、選手ファーストの心の生んだ大会だと思います。

選手の皆様、大会関係者の皆様本当にお疲れさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました