【第49回全日本実業団ハーフマラソン大会 2021】注目選手紹介・レースの展望(女子編)

スポンサーリンク
実業団

第49回全日本実業団ハーフマラソン大会が2月14日山口循環ハーフマラソンコースで行われます。

今大会では新型コロナウィルス感染症への対応策をしっかり行った上で行うこととなり、厳戒態勢のなかでの開催となります。

そのような体制での開催となりましたが有力選手が多く集まり、文字通り日本一を決める大会となりました。

今回は女子選手の注目選手とレース展望について語っていきたいと思います。

大会公式サイト

出場選手と注目選手一覧

出場選手一覧

注目選手一覧

氏名 所属 自己記録
筒井咲帆 ヤマダホールディング 1:09:14
福良郁美 大塚製薬 1:09:58
沼田未知 豊田自動織機 1:09:27
安藤友香 ワコール 1:09:38
矢野栞理 デンソー 1:09:53
伊藤舞 大塚製薬 1:11:50
小原怜 天満屋 1:13:02
矢田みくに デンソー *31:34:39
森田香織 パナソニック *31:57:95
西田美咲 エディオン *32:09:91
大西ひかり JP日本郵政G *32:10:56
小笠原朱里 デンソー *32:10:69
*10000mの記録

注目選手紹介

筒井咲帆(ヤマダホールディング)

昨年のこの大会を準優勝した選手。

ベストタイムも出場選手中トップの記録を持っている。

今シーズンの調子も上々で日本選手権10000mでは7位に入賞している。

元々ロードに強い選手なので10000mのスピードをうまくハーフに生かすことが出来れば今大会での優勝も見えてくるだろう。

今大会においては優勝候補筆頭と言って問題ないだろう。

安藤友香(ワコール)

出場選手の中で実績No.1の選手。

マラソンでの実績と経験は他の選手と比べると別格。

今シーズンは積極的に試合に出場しており、今大会も連戦のなかでの出場となる。

今大会でもしっかりトップ争いに加わってくるでしょう。

スパートの爆発力はあまりないのでロングスパートで決めに行きたい。

矢田みくに(デンソー)

今回初のハーフマラソンへの挑戦。

日本選手権10000m5位入賞、クイーンズ駅伝ではエース区間3区で区間5位とトラックや駅伝での実績は出場選手中トップクラス。

長い距離に対応できるかが不安だが持前のスピードを生かして結果を残してほしい。

終盤まで集団につくことが出来れば持ち前のスピードで振り切れるだろう。

大西ひかり(JP日本郵政G)

くーねる最注目選手。

ハーフマラソンは今回初挑戦だが優勝争いに十分絡んでくる存在だと思う。

クイーンズ駅伝では優勝したJP日本郵政Gのアンカー区間を任され区間賞。

高橋昌彦監督は直前まで調子のよかった大西選手を5区にするか迷ったというほど今期は調子がいい。

ちなみに5区を走ったのは東京オリンピックマラソン代表の鈴木亜由子選手。

今大会で一皮むけた姿を見せてほしい。

小原怜(天満屋)

マラソン実績のある選手。

MGCでは3位に入り、一時はオリンピックの有力候補になっていたが残念ながら代表を逃した。

現在は補欠登録となっているが、一時は気持ちが落ち込んだことだろう。

マラソンで再起を図るためにも今大会で結果が欲しい。

東京オリンピックへの出場の可能性が少しでも残っているので今大会で良い結果を出してほしい。

レース展開予想

今大会は大混戦のレースとなることが間違いない。

ハーフマラソンで実績のある選手、マラソンで実績のある選手、トラックや駅伝に実績のある選手など様々な特徴の選手が集まっており誰が勝ってもおかしくない状況。

個人的に優勝候補は昨年準優勝の筒井咲帆選手。

そこに安藤友香選手や小原怜選手などのマラソンで実績のある2人がどれだけ勝負していけるか、という展開になると予想。

矢田みくに選手、大西ひかり選手、小笠原朱里選手などのハーフマラソン初挑戦の選手たちがどこまで食らい付けるかも注目。

スピードのある選手が多いのでラストまで集団に着ければ優勝の可能性もある。

初挑戦なので長い距離の意識を持たず思いっきりレースをしてほしい。

混戦必須の今大会は目が離せない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました