【北海道・札幌マラソンフェスティバル2021】結果・速報&感想について

スポンサーリンク
主要大会

北海道・札幌マラソンフェスティバル2021が2021年5月5日、大通公園西2、3、5、6丁目、東京2020オリンピックマラソンコースで行われました。

東京オリンピックで使用させるマラソンコースで行われるため、マラソン代表選手が多く参加しました。

今回は北海道・札幌マラソンフェスティバル2021の結果と感想について語っていきたいと思います。

参考

公式HP
日本陸上競技連盟HP
エントリーリスト
リザルト

北海道・札幌マラソンフェスティバル2021の結果

男子ハーフマラソン

順位 選手名 所属 記録
1 ヒラリー キプコエチ ケニア 1:00:46
2 サイモン カリウキ 戸上電機製作所  1:01:11
3 木村 慎 Honda  1:01:46
4 上門 大祐 大塚製薬  1:01:49
5 湯澤 舜 SGホールディングス  1:01:51
6 岡本 直己 中国電力  1:01:55
7 大塚 祥平 九電工  1:01:56
8 松本 稜 トヨタ自動車  1:02:03
9 藤村 共広 スズキ  1:02:12
10 ギザエ マイケル スズキ  1:02:13
11 細森 大輔 YKK  1:02:17
12 富安 央 ラフィネグループ  1:02:18
13 バート ファン オランダ 1:02:18
14 設楽 悠太 Honda  1:02:20
15 押川 裕貴 NTN  1:02:22
16 橋爪 孝安 SGホールディングス  1:02:31
17 足羽 純実 Honda  1:02:32
18 土方 英和 Honda  1:02:44
19 宮脇 千博 トヨタ自動車  1:02:53
20 松村 優樹 Honda  1:02:55
21 橋本 崚 GMOインターネット  1:02:56
22 安田 共貴 九電工  1:02:57
23 鈴木 浩風 自衛隊体育学校  1:02:59
24 服部 勇馬 トヨタ自動車  1:02:59
25 山中 秀仁 Honda  1:03:02
26 柿原 聖哉 SGホールディングス  1:03:30
27 山森 龍暁 創価大学  1:03:33
28 濱崎 達規 なんじぃAC  1:03:35
29 堀合 大輔 ヤクルト  1:03:35
30 清谷 匠 中国電力  1:03:37
31 竹下 凱 SGホールディングス  1:03:46
32 八巻 雄飛 SGホールディングス  1:03:57
33 平田 幸四郎 SGホールディングス  1:04:04
34 鈴木 忠 スズキ  1:04:16
35 齋田 直輝 NTN  1:04:18
36 春日 千速 ヤクルト  1:04:30
37 セルオド バトオチル NTN  1:04:31
38 西脇 翔太 帝京大学  1:04:40
39 渡邉 清紘 NDソフト  1:05:14
40 佐藤 航希 早稲田大学  1:05:42
41 向井 悠介 早稲田大学  1:05:47
42 吉田 悠良 創価大学  1:05:49
43 室伏 穂高 スズキ  1:05:52
44 河合 陽平 早稲田大学  1:06:05
45 大﨑 遼 ラフィネグループ  1:06:06
46 宮上 翔太 九電工  1:06:32
47 秋山 太陽 森ビル  1:06:39
48 安藤 貴信 大分陸協  1:06:43
49 プラブダス クリスナン マレーシア 1:07:00 (NR)
50 市原 利希也 創価大学  1:07:05
51 宮本 蒼人 札幌学院大学  1:08:44
52 澤井 玄 作.AC北海道  1:09:35
53 倉本 皓司 札幌学院大学  1:10:58
54 冨田 祥平 ワコール  1:11:07
55 吉田 光希 札幌学院大学  1:12:11
56 川瀬 育夢 北海道大学  1:12:25
57 秋野 僚太 北海道大学  1:12:38
58 江川 李生 札幌学院大学  1:13:23

女子ハーフマラソン

順位 選手名 所属 記録
1 一山 麻緒 ワコール  1:08:28
2 松田 瑞生 ダイハツ  1:08:32
3 鈴木 亜由子 日本郵政グループ  1:08:53
4 カタリナ シュタインリューク ドイツ 1:10:43
5 前田 穂南 天満屋  1:10:50
6 岩出 玲亜 千葉陸協  1:10:59
7 野添 佑莉 三井住友海上  1:15:21
8 清水 美穂 ホクレン  1:15:24
9 藤澤 舞 札幌エクセルAC  1:15:57
  ローチョーイ フェルン マレーシア  DQ *OT
  ベッツイ サイナ ケニア DNF

男子10km

順位 選手名 所属 記録
1 辻 文哉 早稲田大学  30:08
2 伊藤 大志 早稲田大学  30:08
3 新井 大貴 帝京大学  30:38
4 大栁 達哉 札幌学院大学  31:07
5 幸谷 玲弥 札幌学院大学  31:09
6 西久保 雄志朗 帝京大学  31:18
7 村上 一大 札幌学院大学  31:20
8 木村 一輝 札幌学院大学  31:30
9 千葉 友太 札幌学院大学  31:35
10 金綱 航平 北海道大学  31:37
11 佐藤 匠 札幌学院大学  31:45
12 金内 健治 作.AC北海道  31:49
13 渡邊 隼翼 札幌学院大学  32:17
14 高橋 孝弘 作.AC旭川  32:20
15 瀬能 拓真 作.AC北海道  32:28
16 川口 大聖 作.AC北海道  32:31
17 畑中 一二 札幌学院大学  32:32
18 山中 一輝 作.AC北海道  32:40
19 牧野 祐季 作.AC北海道  32:47
20 田中 亮太 作.AC北海道  33:14
21 阿部 雅行 作.AC北海道  33:46
22 島谷 樹 作.AC北海道  33:51
23 杉山 直也 留萌市  33:53

女子10km

順位 選手名 所属 記録
1 岡本 奈々依 ニトリ  34:58
2 澤井 いずみ 作.AC北海道  36:42

感想

オリンピックで使用されるコースでの開催となり、オリンピックマラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)選手、一山麻緒(ワコール)選手、鈴木亜由子(日本郵政グループ)選手、前田穂南(天満屋)選手、また補欠登録されている大塚祥平(九電工)選手、橋本崚(GMOインターネット)選手、松田瑞生(ダイハツ)選手も出場した。

今回のレースは各々目的をもって出場したというこももあり全員が本気で勝負するということはなかったが、本番に向けて得たものは大きかったのではないだろうか。

代表選手の今回の走りについて以下のように感じた。

服部勇馬(トヨタ自動車)選手

服部選手はコースの下見を重視していたように感じ、ゴール後ももう一周走っても問題ないぐらいの余裕度でゴールしていた

集団の中で走ることで見える景色を確認していたようで、一人での試走では感じることが出来ないコースの特徴について確認できたのではないだろうか。

タイム的にも想定したより速かったようで状態も問題なさそう。

一山麻緒(ワコール)選手

一山選手は今回のレースで勝つこと、自己記録を出すことを目的としていたようだ。

ペースメーカーの男子選手につきながら、記録の面でも今の状態を確認するように走っていたと思う。

途中できつそうな表情をみせてはいたが、最後は松田選手も振り切りトップでゴール。記録的にも自己記録を更新した。

勝負強さや、スピード感についても問題なさそうだ。

鈴木亜由子(日本郵政グループ)選手

鈴木選手は久しぶりのレースということもあってレース感を取り戻すことを重視していたようだった。

先日の名古屋ウィメンズマラソンを欠場、クイーンズ駅伝以降レースに出場していなかったので状態が心配されたが、今回は後半まで一山選手、松田選手と並走。

最後は離れてしまったが1時間8分台でのゴール。状態が上がってきていることを証明できた。

本番までの期間でさらに状態を上げてきてくれることが期待できる走りだった。

前田穂南(天満屋)選手

前田選手はコースの下見を重視した走りだっただろう。序盤から先頭集団からは離れ一人で自分のペースで走っているように見えた。

先日の兵庫リレーカーニバルでも本調子とは言えない走りをみせていたので状態が心配されましたが、1時間10分台の走りをみせていたのでそこまで心配することはなさそう。

前田選手の強さは夏の暑さに対しての耐久力。本番のレースではMGCで見せた力強い走りをみせてくれることだろう。

今回のコースについて

今回のマラソンコースについては比較的平坦で走りやすいコースではあると感じた。

服部選手もゴール後のインタビューで「走りやすいコースで想定以上の記録で走れた」と語っており走った選手から見ても問題ないようだ。

また、今回の記録的にも男子のトップが60分台、日本人トップでも61分台、女子のトップが68分台と記録的にも好記録が出せていた。

この点から見ても記録は出やすいコースといてる。

ただ気になる点もあった。給水である。

基本的に右側に配置されており、給水をする際には外側に移動しなければならない。

5kmの給水はカーブするポイントに給水地点があり、給水する選手はかなり大回りして給水を行っていた。これによって集団からやや離されている選手もいたように感じた。

給水するポイントについては直線の場所でできれば行えるように改善してほしい。

また、カーブの多い北海道大学内についてはやや狭いように感じたがあれぐらいの幅であればよく世界選手権などで見かけたことがあるので問題ないようには思う。

北海道大学内に入るのも15km過ぎてからになるので集団も20人弱ぐらいだと思う。なのでそこまで転倒などのリスクは心配するほど内容に感じた。

ただ、あの狭いコースで給水ポイントが設置されなけらばの話。

大学に敷地内に20km、30km。40kmポイントがあるため、給水地点も配置されるのではないだろうか。

あの敷地内で給水となれば転倒などのリスクは高まるだろう。

どのようにしていくのかは、少し注目していきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました